いぼ

いぼ

いぼ

いぼは、「ヒトパピローマウイルス」の感染によって発症するものです。
触っているとどんどん増えていくこともあります。

感染性があるため、いぼを見つけた場合には早めに受診することをオススメします。

原因

いぼの原因は「ヒトパピローマウィルス」というものです。
このウイルスが微細なキズから入り、いぼを作ります。
子どもに多く見られ、傷つきやすい手足やアトピー性皮膚炎の子供の場合にはヒジやわきの下などにもよくできます。

症状

手や足の指に、数ミリから1センチ程度の小さな皮膚の盛り上がりが見られるのが主な症状ですが、1つだけできることや集まって面のように広がることもあります。
ただ、痛みなどの自覚症状はほとんどなく、気がつくとできていることがほとんどです。

いぼはできるまでに3~6ヶ月ほどの時間がかかりますが、その分治るまでに時間がかかることもあります。

対処法・予防法

いぼは、基本的に医療機関で治療してもらうことが重要です。
「冷凍療法」や「電気焼灼法」など、患者様によって最適な治療法を選択するようにしています。
いぼの状態によっては1回で完治することなく、複数回通院していただく可能性もあるため、時間をかけて根気よく治療することが大切です。
近年、ご自身で治そうとして、「魚の目」と勘違いしてしまうケースが多々見られます。
治療法を間違えると悪化してしまうこともあるため、皮膚科に相談して最適な治療を受けるようにしましょう。

pagetop
0955731983 page top