かぶれ

かぶれ

かぶれ

かぶれは、直接皮膚に触れた刺激物やアレルゲンによって引き起こされる炎症反応です。
様々な物質やアレルゲンだけでなく太陽光でもかぶれることがあるため、少しでも違和感を感じたら受診しましょう。

原因
①アレルギー性接触皮膚炎

特定の物質にアレルギー反応を起こす「抗体」を持っている人が起こす皮膚炎です。
肌がかぶれた状態は、肌にある抗体が有害物質を認識したときに起こります。
アレルギーの原因物質は、アクセサリーや革製品、貴金属、植物などがあり、それぞれの方によって起こる症状も異なります。

②刺激性接触皮膚炎

これは、誰でも起こりうる皮膚炎で、物質の強い刺激や毒性によってアレルギー反応が起こります。
私たちの肌にはバリア機能がありますが、このバリア機能以上に強い刺激があると、炎症を引き起こしてしまうのです。

化学物質、化粧品、ヘアケア剤、歯磨き粉など私たちの身の回りの思いがけないことで皮膚炎が起こることは珍しくありません。

③光接触性皮膚炎

日焼け止めや香水、塗り薬などを塗った後に紫外線を浴びることで発生する皮膚炎です。
誰でも起こることなので、説明書等を読んで使うようにしましょう。

予防法・対処法

かぶれを予防する一番の方法は、できるだけかぶれの原因となるもの触れないようにすることです。
家事や仕事でどうしても触れなければいけない場合にはゴム手袋をするなどして、可能な限り手を保護しましょう。

また、手がかぶれてしまった場合には、次のような対処法が良いでしょう。

①原因となるものを取り除く

化粧品をはじめとした薬品や原因となるものは全て取り除きましょう。
また、赤みや痒み、腫れが出た場合にはすぐに水で洗い流してください。

②触れたり擦ったりしない

かぶれたところは、基本的に触ったり擦ったりしてはいけません。
顔がかぶれた場合は水かぬるま湯を使うようにして、熱いお湯は避けましょう。

また、刺激は極力控え、スキンケアについても手を使って塗るようにしましょう。
日差しが強い、紫外線が多いタイミングにおいては日焼け止めを有効的に使いましょう。

pagetop
0955731983 page top