蕁麻疹

蕁麻疹

蕁麻疹

蕁麻疹は、突発的に皮膚の一部に赤いブツブツや盛り上がりが見られ、強い痒みが出るものです。
症状によっては口腔内や唇の腫れ、声の掠れや息苦しさを感じることもあります。
抗ヒスタミン剤を内服することによって治療を行います。

症状

基本的には、アレルゲンが体に入ってから数分から数時間後に症状が現れることが多くあります。
アレルゲンは食物や昆虫の毒など様々なものがあり、場合によっては症状が半日から一日続くこともあるため、少しでも早く病院を受診しましょう。

治療について

蕁麻疹は、塗り薬や飲み薬中心の治療が行われます。
薬は最大24時間で効果が切れるため、継続的に飲む必要があり、それに加えてアレルギーの原因がわかっている場合にはそれらを避けること、暴飲暴食や不規則な生活を避けるようにすることが大切です。

近年は、新しい薬が開発されるなどしていますが、あくまでも患者様の体に合ったものを服薬・使用する必要があるため、まずは皮膚科を受診するようにしましょう。

注意すべきこと

蕁麻疹は、皮膚だけで起こる場合には命に関わることは滅多にありません。
ただし、ノドの粘膜が腫れたりすることで呼吸が苦しくなってしまったり、全身の倦怠感や関節痛、発熱などが起こる可能性もあります。
そういった症状が感じられたり違和感を覚えた場合にはすぐに受診するようにしましょう。

pagetop
0955731983 page top